商品コード:
HOR7007

ORGALOUNGE「NO EP」

販売価格(税込):
1,296
関連カテゴリ:
CD
オルガラウンジと出会って、もう、どのぐらい経つだろう・・・印象に残っているのは、オフステージの彼ら。ノイジーな轟音を鳴らしていた若者達は、どこにでもいる、いや、世間一般より大人しい人間であった。
どこか鬱屈とした表情や物言いは、訴えたいという野心と、伝わりきらないもどかしさを感じさせた。
「NO EP」は、そんな若者達が2・3歩先に進んだように聞こえた。完成度というより、ある種の「風景」を感じる音。フレーズがどうとか、フィルインがどうとか、そういう説明のいらない、絵を描くような音像を感じて欲しい。
いいよ、オルガラウンジ。
FLYINGKIDS 加藤英彦


「絡みつくように繰り返す冷静と混乱。みっともないほど輪廻を踊り狂え!!」
HERE 尾形回帰


オルガラウンジの新作を聴きました
無地のTシャツとタイトなジーンズで踊りまくれば最高にかっこいいでしょ!って音で暴力的に迫ってこられた!?
勝手なイメージですがこだわり抜かれたシンプルな突進力にヘッドホンを両手で押さえながら首を上下させてました
これは暴力的で美しい音だ癖になるぜ
ライブが気になる
KINGBROTHERS N夙川BOYS マーヤ


新宿の地下室で偶然彼らを目撃した、無数のバンドが入り乱れるライブイベントの中でひと味違う奴らがいた、
ロープ状の電飾を身にまとい、ロックンロールでダンスミュージックを鳴らすバンド それがオルガラウンジだった、
演奏が終わり興奮した俺は彼らに最高だったと伝えた
数ヶ月後、その後ドラマーだった男はキングブラザーズに加入する事になり 転がり続けるバンドからは挑戦状がわりのこの作品を俺宛に送りつけてきやがった
まったく、、最高な奴らだゼ
キングブラザーズ 松尾ケイゾウ


視界はどこまでもモノクローム。この煙たい路上感に俺は凄く期待している。
UHNELLYS キム
数量: